草加小話

埼玉県草加市での暮らしで拾ったエピソードとそうでないエピソードを綴ります。

文化

筒美京平。メロディーが上下し、流れ、伸びる、その軌跡の美しさにただ感動する。

2020年10月7日、筒美京平が亡くなった。 1997年に作曲家生活30周年を記念して発売された「筒美京平 HITSTORY」(CD8枚)は僕のバイブルだ。ざっと聞き返してみた。印象深かった曲を挙げてみたい。 弘田三枝子「渚のうわさ」1967年 www.youtube.com 筒美京平…

鈴木喜美子さんによる足尾銅山の死と再生のストーリーはここからがクライマックスだ

草加市在住の画家、鈴木喜美子さんの個展が、銀座二丁目の東京銀座画廊で行われた。銅を産出しつづけて日本の産業を支えながらも、鉱毒の被害も拡大させて閉山になった日本の歴史の負の遺産、足尾銅山。その死の山に魅せられて、鈴木さんは、足尾銅山を40年…

ももいろクローバーZの使命

2011年12月13日、WEBサイト『一本気新聞』に「ももいろクローバーZの使命」という記事を寄稿しました。今日はそれをここに再掲載します。 --------------------------------------- 5月に「ももいろクローバーのことばかり考えている」という記事を投稿して…

ももいろクローバーのことばかり考えている

西村昌巳さん主宰の、家紋や歴史を中心に文化全般を考察するサイト『一本気新聞』が今公開を停止しています。そこで、僕が2011年5月11日にアップした記事「ももいろクローバーのことばかり考えている」をこちらに転載します。 ーーーーーーーーーーーーーー…

いじめ構造から逃れられない生徒たちが一斉に叫んだ高校演劇

西村昌巳さんが主宰するサイト『一本気新聞』に3本の記事を寄稿したことがあります。その記事を西村さんのご厚意でこちらに転載させていただくことにしました。まずは、2010年の「いじめ構造から逃れられない生徒たちが一斉に叫んだ高校演劇」というエント…

第3期BiS。その歌声は予想外の髙い音域に達し響き伸びる。胸に突き刺さる。

第3期BiSがすごい。 蓮っ葉な声でパンクな曲を歌う4人組。だがその歌声は予想外の髙い音域に達し響き伸びる。胸に突き刺さる。パンクならではの短い楽曲は、どの曲も後半の歌い上げでカタルシスを感じさせる。 変なフォームなのに豪速球を投げちゃうピッチ…

気分はカタルシス

「カタルシス」という言葉が出なくて、昨日からもやもやしていた。 代わりに「カタストロフ」が浮かんできて、いや違う、となって、そこから迷宮に陥った。 そのときは、いざとなったら何でもネットで調べればわかっちゃうけどね、と安心していた。 とりあえ…

ネットラジオを聞きながら夜の街を走っていた

2007年ごろから数年間、僕はネットラジオにはまっていた。これはインターネットで音声を配信する番組だ。当時アマチュアの番組が林立していた。 iTunesのPodcastで受信することができて、僕はiPodに同期しては毎日聴いていた。走りながら(主に夜)。 ネット…

ソーシャル・ディスタンス界隈について

社会的距離から物理的距離へ 新型コロナウイルス対策のために「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」を保ちましょうと言われている。ソーシャル・ディスタンスとは「2メートル離れろ」という意味だと理解されているのだろうか。「ソーシャル・ディスタ…

とにかく腰から何かぶら下げたい文化誌

僕はスマホを入れるポーチをベルトからぶら下げている。とにかく腰から何かぶら下げたくなる。鍵束やチェーンなど、腰から何かぶら下げる人が多いのは、ファッションであり文化でもあると思う。 僕は阿波おどりを数年前までかれこれ10年間ほどやっていた。阿…