草加小話

埼玉県草加市での暮らしで拾ったエピソードとそうでないエピソードを綴ります。

疑問文ではないのに「?」が使われている日本語の用法について

以前から「?」、クエスチョンマーク(疑問符)が気になっています。英文字の記号なので、近代以降に日本人も使うようになったのでしょう。調べたら、尾崎紅葉の『金色夜叉』(1897年)と夏目漱石の『吾輩は猫である』(1905年)ではすでに使われています。いっぽう…

フィロソフィーのダンス。耳から神経を刺激するASMRファンクの誕生!

ドント・ストップ・ザ・ダンスのクルセイダーズ感 フィロソフィーのダンスのメジャーファースト・アルバム『愛の哲学』が発売されました。いいです。最高と言わざるを得ません。 フィロソフィーのダンス『愛の哲学』 「ドント・ストップ・ザ・ダンス」を聴い…

「夢で逢えたら」は現実では逢えない人への思慕の歌?

大瀧詠一が作った「夢で逢えたら」になぜ人々は惹かれるのか。 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたは遠くにいるけど、逢いたくなったら夢で逢える。 この「あなた」はどこにいるのだろうか。 夢枕に立つという表現がある。死んだ人が夢に現れることだ。こ…

氣志團のOne Night Carnivalはネタでメタだがベタである

氣志團の結成25周年を記念して「One Night Carnival」のトリビュート・アルバム『All Night Carnival』が発売されました。11組のミュージシャンが独自のスタイルで、新解釈で、敬意を込めて「One Night Carnival」を演ったアルバムです。 収録曲は以下のミュ…

草加市歌はスイングしている

NHK Eテレの音楽教養番組「星野源のおんがくこうろん」第4回を見ました。テーマは「中村八大」。中村八大がジャズピアニストとしていかに優れていてまた人気があったか、そして「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」がいかに時代を超えて欧米のミュージシャンの無…

北方謙三『チンギス紀』。チンギス・カンはタイムトラベラーか。

こんにちは。 最近北方謙三の『チンギス紀』をKindleで読んでいます。今11巻まで読んで、最新刊は12巻。まだまだ続く様子です。モンゴル帝国強いです。戦闘場面の描写の寄りと引きの激しいカットつなぎは手に汗握ります。登場人物たちもみんな曲者で魅力たっ…

辰井川をさかのぼる冒険

草加のフリーペーパー『草生人』がかつて発行していた『草生人メルマガ』の「Vol.020(2013年4月発行)」から。 ----------------------------------------------- 草加小話:辰井川をさかのぼる冒険(じつに 彰) ある日、谷塚の毛長川沿いに散歩していて、毛長…

栄光、失敗、悲しみを忘れることなく受け入れて線でつなぎ未来へと引き伸ばす。プロレスとは実存の思想なのだ。

2013年4月7日発行の「草生人メルマガ Vol.019」に書いた記事を見つけました。すっかり忘れていたけど、読み返したらけっこう味わい深いのではないかい?と思いました。改めて公開してみますね。 女子プロレスラー米山香織選手のストーリー(じつに 彰) 3月29日…

桐生ちあり「東京」のMV。他人に運ばれていた立場から飛び降りて自分で歩き出した3人が再会して光り輝く話

YouTubeで「桐生ちあり / 東京 (2021 Remaster) 」というMVを観た。 www.youtube.com 深夜の街。通行人がいない。モノクロの映像。 カートに若い女性が載せられていて、それを何者かが押している。女性は声を上げて泣いている。彼女が着ている白いドレスには…

クラウドの隅っこから「90年代ベスト」というメモが出てきた

クラウド(Googleドライブ)の隅っこから「90年代ベスト」というテキストが出てきた。パソコン通信にでも載せたのだろうか。なんだか気恥ずかしいリストですが、せっかくなのでご紹介します。 90年代ベストブック 【人文社会】 『世界史の誕生』岡田英弘/ちく…

BiSHは解散後が楽しみだ、と思っておこう……

PEDROというバンドの「雪の街」という曲。美しく歪(ひず)んだギターの音に包まれて、アユニ・Dが歌う。 www.youtube.com 大声で泣けばいいと思っていたあの頃こんなに大きくなったよかなしいもうれしいも全てを愛してくれた私が抱きしめる番 PEDROはアユニ・…

『俳句空間』で俳句の前衛を知った

実家から『俳句空間』という雑誌が出てきた。1987年のNo.6から1993年のNo.23(休刊記念号)まで。 発行は弘栄堂書店。編集人は大井恒行。編集協力委員は安部鬼九男、夏石番矢、林桂。 僕は俳句が好きだった。 友人が尾崎放哉を仲間たちの輪に持ち込んでから急…

『月刊ポエム』。詩が好きだったことを思い出した。

実家をあちこち漁っていたら、『月刊ポエム』という雑誌がぞろぞろ出てきた。高校生の頃買っていた雑誌だ。ああ、詩が好きだったんだ。 月刊ポエムの創刊から休刊まで(1号欠けている) 『月刊ポエム』は創刊が1976年10月号。すばる書房。編集長は詩人の正津勉…

EMOEを聴いて「ネガティブ」を大切に生きたいと思った。

YouTubeで「豪の部屋」のアーカイブを観た。 「豪の部屋」とは吉田豪がホストを務める動画配信サービス「SHOWROOM」の番組。 その日はさくらという女性がにこやかにしゃべっていた。EMOEというアイドルグループのメンバーだそうだ。 EMOE(エモエ)はエモ(Emot…

コンテンツという用語を連発するとき商売商売という倍音が聞こえていた

何も見ない、何も聞かない時間がありません。読みかけの本(電子書籍を含む)も録画したテレビ番組も登録したYouTubeチャンネルもPodcast(ラジオ番組の配信)もDVDもBlu-ray Discも溜まっているし溜まり続けている。 電車に乗っていても、食事していても、ジョ…

はっぴいえんどいの「風をあつめて」は必死になって訴えている

松本隆によるはっぴいえんどの楽曲の歌詞は「です」という語尾が特徴的だ。日常的で口語的で丁寧。 「風をあつめて」(『風街ろまん』(1971年)に収録)ではこんな連発が見て取れる。 「見えたんです」「見えたんです」「見たんです」「翔けたいんです」 細野晴…

松本清張の『点と線』を初めて読んだらあまりに今を映していて驚いた

どこからともなく松本清張の『点と線』が出てきた。 長編推理小説 点と線 松本清張 奥付に「昭和35年7月10日初版発行・昭和50年7月10日190版発行」と記された古びたカッパ・ノベルズ。だいたいみんな読んだであろうベストセラー推理小説だが、うっかりして読…

「クーポン券」はたぶん接種券のことだろうと僕は推理した

「新型コロナウイルスワクチン接種券」が封書で送られて来ました。 「新型コロナウイルス接種の予診票」の質問項目の2つ目にこう書いてあります。 現時点で住民票のある市町村と、クーポン券に記載されている市町村は同じですか。 予診票の第2問 また予診票…

淡路人形浄瑠璃。極限的な操作によって人形の外側、観客の中に生命や心が生まれる

6月13日(日曜日)草加市文化会館ホールで行われた、淡路人形浄瑠璃の公演を観に行った。 木乃下真市さんの津軽三味線 木乃下真市さんの津軽三味線の演奏が前半にあった。木乃下さんは津軽三味線全国大会(現在の名称は津軽三味線世界大会)で86年と87年に連続優…

人新世の「資本論」を読んだあとのメモ

1月にNHKEテレの「100分de名著」で斎藤幸平による解説でマルクスの『資本論』の新解釈を放映していた。その内容に感銘を受けたので、『人新世の「資本論」』(斎藤幸平著)を読んだ。 人新世とは 書名にある「人新世(ひとしんせい)」とは何か。人類が地球の地…

PIGGSと「BiSの穴」出身のツワモノたち

PIGGSでの1年間はきっと彼女の糧になる。 BiSH。BiS。PIGGS。この空気を切り裂くような響きの名称を持つグループが、今の僕の心を大きく占めている。 あ、あと眉村ちあきね。もちろんももいろクローバーZも。 PIGGS(ピグス)は2020年4月に結成してコロナ禍の…

アイドルにおける「りん」の系譜

アイドルにおける「りん」の系譜 2015年BiSH結成……リンリン 2008年ももいろクローバー結成……あーりん(佐々木彩夏)・しおりん(玉井詩織)・あかりん(早見あかり) 2007年からAKB48所属……ゆきりん(柏木由紀) 2002年デビュー……ゆうこりん(小倉優子) 1987年から使…

大滝詠一「A Long Vacation」の音の塊の迫力は一発録音のたまもの

没になったデモから作られた名作 大滝詠一の「A LONG VACATION 40周年記念盤」を買いました。僕は熱心なナイアガラーではないので、23,000円もする「VOX」は遠慮して通常盤です。 『Road to A LONG VACATION』というボーナスCDがついてます。大滝詠一が貴重…

関係性、経験値、期待値、方向性、好感度

関係性 例文1:「AさんとBさんの関係はどうなの?」 例文2:「AさんとBさんの関係性はどうなの?」 例文1は、AさんとBさんの関係は夫婦だ、とか、友人だ、とか、ライバルだ、とか、そういう答えが想定できる。 例文2の「関係性」はどういう意味か。関係の傾…

「昴展」にギャラリー昴の加藤さんの思いが受け継がれている

昨日ヨーカドー草加店のアコスギャラリーになんとなく行ってみたら、「昴展」という絵画展が開催されていました。なんとなく中に入ったら、小さい絵画が壁にずらっと展示されていました。 アコスギャラリー(小)で開催している昴展。3月8日~14日。 「これ…

顔のある写真展。我々は無数の顔に見られながら生きている。

木の皮に、壁の模様に、風景の中に、目がある、口がある! 顔を発見して撮影することもあるし、撮影したあとに顔に気づくこともある。 いたるところに顔がある。 我々は無数の顔に見られながら生きている。 木のコブが微笑んでいる 2019年7月11日、草加市 苔…

越谷アリタキ植物園は有瀧先生の学問的な専門性と土地所有者という境遇が活かされた幸運な遺産

越谷市の久伊豆神社の長い参道の脇に木がたくさん茂っている。そこは越谷アリタキ植物園という施設だった。入場料大人100円、子供30円。 受け付けの男性から「初めてですか?」と聞かれ、そうですと答えたら、植物園の概要を説明してくれた。 「アリタキ」は…

高校3年生の文化祭、クラスでクリスタル・サイレンスという名前の喫茶店をやった。

高校3年生の文化祭で、クラスで喫茶店をやった。1978年だった。 店の名前を何にするかという段になって、僕はふと「クリスタル・サイレンスなんかどうだろう」と言ってみた。 瀬田くんが「お!」と反応した。 チック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエヴ…

大吉(おおよし)スタジオの日々

Eテレの「ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック」見ていて、自分の部屋で音楽を作る素晴らしいミュージシャンたちが、どんどん公開しちゃいなよ、と勧めてくれるので、昔の自分の曲をSoundCloudに登録し始めました。 ↓ 6曲登録してあります(その後1曲増え…

眉村ちあきの歌は聴く者の感情を揺り動かし慰撫し、しあわせにする! 映画『夢の音』DVD

最近発売された、映画『夢の音』のDVDを観ました。2019年3月に劇場公開された音楽青春映画です。 監督・脚本:松浦健志で、主演が眉村ちあき。 眉村ちあきは作詞作曲も編曲もこなすシンガーソングライターです。株式会社 会社じゃないもんの代表取締役社長で…