読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草加小話

埼玉県草加市での暮らしで拾ったエピソードとそうでないエピソードを綴ります。

Sugar Hillで聴いたトリオ「free-fall」は崇高なジャズを探求しているのだと思った

※文中で『BLUE GIANT』公式サイトへのリンクを貼るつもりで、間違えて『BLUE GIANT SUPREME』(←続編)のサイトにリンクを貼っていました。すいませんでした。修正しました。

5月15日の夜、Web Hobby Shop たまらハウスの谷古宇隆一さんから草加のライブハウスSugar Hillに行こうとお誘いがありました。なにやら注目の若手ジャズトリオが出演するというのです。

谷古宇さんがそのトリオを発見したのは草加駅東口の閉店後の草加マルイの前でした。
路上ライブをしている彼等の演奏が気に入った谷古宇さんは、スマートフォンのアプリで音量を計測したそうです。

「よし、これならこれなら大丈夫」、と10月に草加の旧道で開催される草加宿場まつりへの出演をオファーしたのでした。

谷古宇さんを駆り立てたトリオっていったいどんなグループだろうと期待しながら、いっしょに一番通り商店街を歩きました。

歩きながら「ジャズのトリオといえば『BLUE GIANT』っていう漫画、面白いですよ」と僕は言いました。

「もちろん読んだよ!」と谷古宇さんは熱く答えました。

サックス奏者の若者が、ドラマー、ピアニストと組んで、演奏しまくってのしあがる話です。とにかく傑作だし、こういうジャズこそ聴きたい、と思わせる作品です。つべこべ言わずに読んでください。 
BLUE GIANT 公式サイト

さてSugar Hillに出演したそのトリオの名前は「free-fall」でした。

メンバーはサックス=川満恵一郎さん、 ピアノ=砂川怜誉さん、ドラム=浮嶋純一さん。3人とも若い!

あれ? ベースがいない変則トリオなんだ。っていうか、『BLUE GIANT』と同じじゃん!

で、演奏はすごかったです。広々としたコード感、美しい主旋律、そして複雑なリズム!

ピアノが何かリズムパターンを生み出したかなというとき、ドラムがそのパターンを受けるようで、受けない。

ドラマーは笑っているような熟考しているようないろんな表情を見せながら、自由なタイミングで多彩な音を叩き出します。スティックの先でシンバルをこすって「キーン」と持続音を出す奏法には驚きました。このドラマーは打楽器で歌っているのかもしれません。

free-fallはジャズを探求しているのだと思いました。何か崇高な、魂を震わせるようなジャズを……。

その姿勢は、偉大なジャズの求道者たちの名前をいっぱい連想させてくれました。

f:id:jitsuni:20170515202625j:plain

町張楽座で純粋な街バルの醍醐味を味わった

草加市獨協大学前駅(旧松原団地駅)東口の商店街で、4月29日(土)と30日(日)の2日間、獨協大学前駅駅名変更記念街バル「町張(ちょうはり)楽座」が開催されました。

1日目には「虹空横丁」という音楽と食のイベントが駅のそばの駐車場で開催されていましたが、そっちの楽しそうなイベントには参加できませんでした。
2日目午後、ひとりで獨協大学前駅東口に降り立ちました。そこは普通の日常の街でした……。あれ? 街バルやってないの?

そもそも「街バル」って何? その日はよくわかっていなかったのですが、あとで調べました。

「まちバル」とは、まち(machi)+バル(スペイン語のbar:飲食店)=街全体を会場に見立て、飲食店街や商店街を食べ歩き・飲み歩きするイベントの名称になります。

http://koshigayabbb.com/about.html北越谷街ばる) 

 13時20分 チケット購入 アドバン

駅前の不動産店アドバンの店先に大きなボードが2枚掲げられて、町張楽座の参加店紹介が載っていました。

チケット販売中という張り紙があったので、店内に入りチケットを買いました。チケットは1枚600円の5枚綴りで3,000円でした。

いただいたA4判のリーフレットを拡げたら地図と参加店の紹介がありました。これらの店でチケットを渡して、料理とドリンクをいただくわけですね。

チケット2枚必要な、ちょっと贅沢なメニューの店もありますね。

店の方に、このイベントはどこが主催か聞きました。

「主催はパインアベニュー商店会です。パインというのは松原団地の『松』なんですよ」

「その商店会は駅の東口側ですね」

「西側の店も1軒、獨協大学のそばの加賀海さんが参加していますよ。東側でもやや草加よりのイタリア料理のLEOnさんもあります」

f:id:jitsuni:20170504001308j:plain

↑ 街バル「町張楽座」のガイドリーフレットとチケット。2枚使っちゃったあと、いけねと撮影。

13時30分 1軒目 ティールームジュン

松原の飲食店にはあまり馴染みがなかったので、まずはよく知っているティールームジュンに行って落ち着こうと思いました。

「こんにちは。街バルしに来ました。1軒目です」と宣言しながら入店しました。
街バルメニューは「ハーフサンドウィッチ + 1ドリンク」。ドリンクはコーヒーを頼みました。

f:id:jitsuni:20170430132709j:plain

ジュンのマスターによると、街バルは越谷でやっているので、それを参考にして試しに始めたのだそうです。

「商工会議所にも市役所にも頼らない、パインアベニューだけのイベントなんですよ」
と話してくれました。

14時20分 2軒目 創作ダイニングMallsen24

リーフレットを読んで次に入る店を決めようと思ったら、多くの店の街バル営業時間が夕方からになっていました。

昼に入れる少ない選択肢から選んだのが、「創作ダイニングMallsen(まるせん)24」でした。メインストリートに面したビルの2階にある店です。

外から雰囲気がわからないのがちょっと不安でしたが、意を決して階段を上りました。おしゃれなバーのようでもあり、居酒屋のようでもある空間でした。

バルメニューは「10秒炙りハラミハーフサイズ+ドリンク」。ドリンクは生ビールを注文。

店長さんがお皿にハラミを載せて席に持ってきてくれました。そして目の前でバーナーで10秒間ハラミ肉に炎を浴びせるのでした。

4枚あるうちの2枚にタレをかけました。あとの2枚はすでに塩コショウ済み。タレと塩コショウの両方を味わってほしいのだそうです。

そして店長さんはこう言いました。

「2分以内がお勧めです」

OK! 2分以内でじっくり味わいました。もっと食べたくなりました。

f:id:jitsuni:20170430144343j:plain

↑ ハラミ。1枚食べてから、いけねと撮影。

店長さんが久喜出身、副店長さんが川越出身。イケメンコンビです!

普段は夕方からの営業だけど、この街バルのために昼から営業したとか。

肉と魚を中心に、野菜を千葉から米は埼玉の一等米を仕入れるなど、食材にこだわるダイニングです。

さて、いったん草加の自宅に戻り、あらためて夜の部目指して松原に繰り出しました。

18時30分 3軒目 RESTAURANT & BAR TRIP

目指すは以前からすごく気になっていたRESTAURANT & BAR TRIP

2年前に松原で虹音クッキングフェスティバル」という食事と音楽のイベントが開かれました。その会場のひとつがこの店であり、イベントの発起人がオーナーシェフ関野博規さんだったのです。

no entryというすごいバンドが出たというだけでも貴重なイベントでした。

しかしそのイベントのことを知ったのは、残念ながらイベントが終わった後だった……。

そんなこともあって、気になっていたけど、店の外観もかっこよすぎるし、どんな人達がいるんだろう、とちょっと気後れしてなかなか入れないでいました。

でも、街バルのチケットに勇気をもらって、思い切って入ってみました。入ってみたらそれはもう居心地がよくて、すっかり長居してしまったのでした。

f:id:jitsuni:20170430182948j:plain

こちらの街バルメニューはスペシャナシゴレン + 1ドリンク」。チケット2枚。

ナシゴレンインドネシアやマレーシアのご飯です。生ビールととても合いました。
南国風のインテリアで、BGMにレゲエが流れていました。

でも座敷席もあってなんだか日本的だなと思ったら、もとは和風の居酒屋だったそうです。そのせいか南国風というより無国籍な雰囲気。

そんなところに、ティールームジュンの店長さんがやってきたものだから、TRIPの関野さんも交えて、街バル談義や草加のあんなことやこんなことの話で盛り上がりました。

f:id:jitsuni:20170504001726j:plain

スペシャナシゴレンと生ビール。

19時40分 4軒目 串焼 ひろ

チケットはあと1枚。

リーフレットを見ながらいろいろ吟味したあげく、なんとなくドン・キホーテの隣の「串焼 ひろ」に決めました。

店の外ににぎやかな声が漏れていて、うわ、よそ者が入っていけるかな、とちょっと心配になりましたが、思い切って引き戸をガラガラと開けました。

人がいっぱいいて、誰が店員か誰が客かわからなかったので、とにかく「これです!」とチケットを提示しました。

店員や客たちが「さあ! どうぞどうぞ!」と歓迎してくれました。

カウンターのいちばん奥に座りました。

座敷もあって、どっちも人がいっぱいで、20人ぐらいいたと思います。

バルメニューは「牛すじピリ辛モツ煮込み、焼鳥 + 1ドリンク」。ドリンクはまたも生ビールを注文。モツ煮込みうまい!

f:id:jitsuni:20170430195605j:plain

↑ 牛すじピリ辛モツ煮込みと焼鳥だが、食べちゃってから、いけね、と撮影。

店のママさんに話しかけました。

「日曜日の夜だというのにずいぶん賑わってますね」

「はい、もう暇で暇で、アハハハ!」

「金曜日や土曜日はもっと賑わうんでしょうね」

「いえいえ、もっと暇で暇で、ギャハハハハ!」

陽気な方でした。

座敷のお客さんたちのほうから「あんた、この店だけでチケット使い切ったの!?(笑)」「俺はここが好きなんだよ!」なんていう会話も聞こえてきました。

カウンターの隣にいらっしゃった男性とお話をさせていただきました。

「店の名前の『ひろ』というのはだれかの名前ですか?」と尋ねました。

「あの人です。息子さんですよ」とカウンター内で料理を作っている方を指差しました。

「で、奥にいるのがお父さんで、あっちにいるのがお母さん」

「家族で営業しているんですね」

「ええと、お父さんの名前はなんだっけ?」と男性客は大声でカウンター内に声をかけました。

「森尾!」とお父さんは返事をしました。

「森尾は知ってるよ! 名前は?」

お父さんは笑っていて、返事をしませんでした。

「森尾っていう女性タレント知ってる?」と男性客が僕に聞きました。

「森尾と言えば一人しか思い浮かびません」

「その人のお父さんですよ」

「ああそうなんだ!」

つまりママさんは彼女のお母さんというわけです。そういえばママさん、美人だ!

20時に腰を上げ、串焼 ひろに別れを告げ、本日の街バルは終了となりました。

純粋な街バルの醍醐味

さて、4軒回って、生ビール3杯とコーヒー1杯と料理を4品いただきました。これで合計3,000円なんですよ!

普通なら1軒のバーでビールをおかわりして料理を追加注文するところを、店を変えておかわりしたわけですよ。別の料理を注文するどころか、がらっと店ごと変えてね。ものすごく得な「飲み」ですよね!

そして店を開拓する機会が得られたことが大きい収穫です。ジュンさんのところ以外は初めて行き当たりばったりで入ったのだけれど、どの店も雰囲気がよかったし料理もおいしかったし店員さんも人当たりがよくて楽しい人ばかりでした。必ずまた訪ねます!

「虹空横丁」という音楽と食のイベントに行かなかったからこそ、純粋な街バルの醍醐味が味わえたのだと思います。

 

新田に仲間がどんどん集結して個性的なイベントができた話(後編)

2016年11月23日に、草加市新田のふれあいロード商店街で開催された「つくりにおいでよ!2~フライングクリスマスの巻~」というワークショップイベントを振り返る、大串好子さんと金澤萌さんの対談の後編です。

前編はこちら ↓

jitsuni.hatenablog.com

前日の夜、みんな楽しんでいるんだって初めて思った

金澤 前日の夜、みんな遅くまで残って、設営とか準備してくれたんですよ。私、正直それしてくれないと思ってたんです、勝手に。みんなうちらがやらないといけないのかなと思ってたけど、結果なんかみんな夜遅くまで集まって、みんなほんと準備してくれて。

大串 当日は来てすぐにぱぱっと取り掛かれるような感じに全部セッティングして帰ったの。すごいよかったよね。

金澤 あ、みんな楽しんでるんだって、初めて思いました。

大串 すごいやる気モードスイッチ入った。

f:id:jitsuni:20170205153318j:plain

金澤 すごいスイッチ入ってましたね。前日のその日、茂垣さんのテレビ(草加元気放送局)もあったから、よけいですよね。あそこでみんな、あ、そんなことを考えて参加してたんだ、っていうのを茂垣さんのインタビューを通して初めて知ったから。

大串 (笑)

参考:草加市インターネット放送局『草加元気放送局』『つくりにおいでよ!』のみなさん【第83回】

www.youtube.com

★僕もそんなに来る気なかったけど、あれ見て、これは行かなくちゃ!ってなりましたよ。
大串 ほんとに? 素晴らしい! モガちゃんやるじゃん! 

あとなぜか偶然に法螺吹きが……(笑)。

金澤 ああ、法螺貝! 法螺貝の人来た!

大串 偶然知り合って、「じゃあ当日法螺貝吹いて商店街清めてよ」って言ったら、みんな、法螺貝のあとについてさ、ハーメルンの笛吹き隊(笑)

金澤 そんなことしてたの?(笑)

大串 お清めも終わって、無事何事もなく終わったのが大成功だった。うん。それも1週間か2週間前に知り合っただけなんだよね。

ツネのママは監督の監督

★ツネがイベントのメッカになっているので、いろいろとノウハウはあるんですよね。

大串 いや、あたしはあまり口出さない。全体を見てあげようと思って。もしくは、見に来たおばさんたちに、どこから来たの?とかさ、ゴール行こうか、スタンプ押したから、商品もらってちょうだい、って案内する。

★けっこう歩いてましたよね。ここに陣取ってるのかと思ったら。

大串 違う違う。私は全体的に見る。

金澤 うち、室内にこもってたから。

★そうか! だからもう1人監督が必要だった。

大串 そうそう。監督の監督やってました。でも私がいちばん楽しかったかもしれない。

金澤 はははは。

★そしてイベント当日に想像以上の盛り上がりで大成功!

大串 何人ぐらい来た?

金澤 200枚のスタンプラリーのビラが手元になくなってたんで、200人は来てくれたんだねって話はしたんですよ。ワークショップが100人前後。すごいびっくりしました。

大串 多い人で何人?

金澤 多い人だと、20人くらい。ワークショップのスペースはどこもキツめだから、それぞれ10人行けばいいんじゃないかな、って正直思ってたんですよ。

大串 予想が10人。

「単価を高くしてください」

金澤 そのぶん、単価も高くしてくださいって言ってたんで、べつに安いワンコインのワークショップじゃなくて、高いワークショップでいいから。

大串 最低1500円だったかな?

金澤 最低1000円です。でも2000円でも3000円でもいいですって言ってたんです。今回のメンバーは……、結果1000円、1500円くらいが多かったのかな。

大串 フラワーアレンジメントが……。

金澤 が、2500円。

大串 あれ安いよ絶対。ひろみちゃん(※)のやつ。

フラワーガーデン花小道横山裕さん。

金澤 うち的にはもっと高くてもいいとか、そのへんも議論した時期があったんですけど。ただみんなのワークショップをやってほしいという思いもあるから自分は値段を下げます、という方たちもいて。それはそれで本人たちがそれでいいならと思って、うるさくは言わなかったけど。

大串 1個作ると、次どれ行く? ってなって、あっという間に5、6千円飛んじゃうんだよね(笑)。

★カルチャースクールに通うと思えば、そんなに高いわけでもないですね、材料つきだし。

金澤 そうなんです。

大串 1人が作るのに1時間ぐらいかかる。そうすると3000円取ってもいいかな、という感じ。

金澤 「つくりにおいでよ」はひとつのコンセプトです。安いものをやりたいんじゃなくて、作りたいものを時間かけてちゃんと作るイベントをやりたいって、RIKKENさんと最初にやってるときから話してました。なので高いものをやろう、みたいな。

★コンセプトがしっかりしてた。

f:id:jitsuni:20161123140632j:plain

↑ つくりにおいでよ!2でのLEADのワークショップ。漆喰でクリスマスツリー飾りを作る。

大串 普通のイベント会場とちがって、じみ~な商店街で、人がいるかいないかわからないようなところでやってさ、100人来たっていうのは奇跡だよね。

金澤 人がいる! 人がいるよ! みんなそれしかしゃべってない(笑)。

★最初は新田駅で降りたら、人がいない……、と思った。

大串 ははは。新田駅降りたら人がいないよね。

★とりあえずツネに入ったとたんに、うわー! 人がいっぱい! イベントやってる! って。LEAD行ったらそこがまた人がびっしり!

「つくりにおいでよ!3」はムシの日

金澤 5月に越谷で開かれるAcha Acha(あちゃあちゃ)っていうイベントに、今回のメンバーの一部も声かけられて出展することになってたんですよ。じゃあそこで「来月やるよ!」って告知したほうがいいよね、っていう流れをRIKKENさんと話していて、6月にやろうとしているということを新年会のときみんなに相談した。そしたらママが「暦」を気にするから、日曜日でいい日がその6月4日しかなかったんですよ。

★験担ぎですね

金澤 じゃあ6月4日、でいい? いい? みたいな感じで。「ムシ」だから、じゃあムシテーマでやって。で、父の日のプレゼントを作りにおいでよ、とか。結局テーマとしては「父の日をムシしないでね」って、そういうノリで。
大串 萌ちゃん決定が速いからすごい楽ちん。今回は地元のおうち持ってる人を口説いて、貸してよって言ったんだけどね。

金澤 そう。会場も増やしてもらえることになりそうなので。

大串 遠藤さんちの空き家。おばけ出るよって言われて、脅かされてる。

★それ売りにすればいい。おばけに会えるよ。

大串 はははは。

※「つくりにおいでよ!!3」FACEBOOKページ ⬇

つくりにおいでよ!!3=父の日をムシしないでね=

 

みんなで感動を分かち合いたい!

★本番以降で大々的に集まったのは新年会?

金澤 忘年会、あ、打ち上げか。忘年会はやらず、打ち上げを後日にやっちゃったんです。当日集まるっていう発想がうちになかったから。結果その日はその日で盛り上がったんですけどね。一部のメンバーでは。

大串 どこにいるの? ってみんな来ちゃったんだよ(笑)。

金澤 ママがいる居酒屋にみんなで、じゃあ行くかって(笑)。

大串 座敷全部メンバーになっちゃったんだよね(笑)。けっこう盛り上がってさ。すごい面白かった。

金澤 とりあえずそういう打ち上げはあったけど。

大串 疲れてるんだけど、とりあえずこれでみんなで感動を分かち合いたい! 酒飲みたい! って飲んでたら萌ちゃんがブワー!!!!って泣き出した。

金澤 誰かが泣いてたんですよ先に(笑)。ママか誰かが泣いてて。商店街の人が泣いて喜んでる話を聞いて、ああ、すごいって思って。

大串 ああそうなんだ、それでブワーと出ちゃったのか。

金澤 そっか、と思って。ほんと終わるまでわかんなかったから。結果人がいてよかったなって、日中からそれは思ってたけど。ほかのブース見る余裕もないから、ほかのブースに人がいたかは知らないんですよ。そんなにそっちも人がいたのか、ちゃんと人がこんなに来たんだとか。まだ集計してない時だったから、すごーいと思って。

★気が強いように見えて、無理して気を張っていた?

大串 いや、何事もなくっていうのがよかったんだよね。

金澤 みんなが喜んでたし、その日の夜。

大串 みんなが喜んでいた。喜びだよ。津田っち(※)がハーモニカ吹いてたし(笑)。

弥兵衛(やへゑ)ファーム津田あきらさん。やへゑ米の販売。

金澤 みんなが、悪いことゆう人がいなくて、みんながよかったよかったって。出展者が喜んでたのももちろん大事だけど、それをお客さんが喜んでたよっていうのをみんながゆってくれたから、失敗がないじゃん、みたいな。すごい、と思って!

大串 それがパート2の大盛況なところだね。

金澤 なんか秋山さんが、秋山さん、酒入るといっぱいしゃべってくれるから、秋山さんが「今回のこのイベントは、商店街も喜んで出展者もみんな楽しんでお客さんも楽しかった。で、僕も楽しかったって。大成功です」、みたいなこと言って(笑)。

「長年見てきて、こんなに楽しかった日はない」、みたいなこと言ってくれてて、おー!って思って。そこまで言ってくれたかと思って。

大串 あははは。

★イベントは想像しきれないことがいろいろ起こりそう。

大串 でも1個成功すると、また何かやりたくなる。みんなのチャレンジ精神がすごいと思うよ。

「新田をクリエイターの集まる街にしたいよね!」

★ふれあいロード商店街は再開発を控えてひっそり沈んでいるところに、なぜかクリエイター達が集まっている。ならばアーティストやクリエイターの街として、再開発の動機が生まれる、という声もあります。

大串 こっちのモール商店街に街並を揃えてつながりを持とうよ、っていう勉強会をやりました。行きたくなるようなモールを作りたいなと思って。

★いちから考えてできる機会は滅多にない。

大串 手を上げてくれる工務店さん、僕やりたいっていう人いれば、大家さんとコラボしてこんなふうにしたいんだって、1階を貸すスペースにしませんか、っていうのを提案したい。夢だよね。私絶対完成させたいなと思って。クリエイターの集まる街並にしたいよね。ワー!!楽しみ!!(絶叫)

金澤 わはははは!

大串 すごいよね! すごくない!?

★新しい街並を作る巨大ワークショップができるかもしれないですね。

大串 そうだよね。

金澤 ああ!それそのものが! なるほど!

 

★以上です。なお、この対談のダイジェストを『草生人』の次号に掲載します。

 

「つくりにおいでよ!2」出展者リスト

 ※次回「つくりにおいでよ!! 3」のホームページはこちら! 

草加市 新田 ワークショップ イベント 大人も 子供も あそびにおいでよ つくりにおいでよ