草加小話

埼玉県草加市での暮らしで拾ったエピソードとそうでないエピソードを綴ります。

音楽・芸術

詩吟を歌う少女の高音の張りがすごくて圧倒されました

2015年6月7日、「第12回国際交流フェスティバル2015 草加国際村一番地」というイベントが獨協大学で開催されていました。 現地は大変な賑わいで、特に35周年記念館のアリーナから漏れる声援がすごいので、中を覗いたらソシアルダンスの大学対抗の大会が行わ…

草加ミュージック・フェスティバルで、つのだ☆ひろさんやそのファンたちに聞かせようと草加市歌を大きな声で歌った

2月7日(土)・8日(日)に草加市文化会館で「草加ミュージシャン・フェスティバル」が開催された。2日間の開催のうち2日目を観に行った。見ることができたミュージシャンについて感想をメモしてみた。 ◆草加松並太鼓 11時、ホールの隣のコミュニティ棟で…

ドレミファそうかコンサートに参加した吹奏楽部はきっとレベルが一段上がっただろう

2月1日(日)、13時30分から、草加市文化会館ホールにて、「みんなでつくるドレミファそうかコンサート」が開催されました。草加市演奏家協会所属のプロの演奏と、市内の子供たちや中学生、大人たちが、長い期間の練習を経て作り上げたステージ。チケット収…

歌とダンスのファンタジー「マジカル・ミステリー・ツアー」から受け取ったメッセージ

1月25日(日)、草加市文化会館のホールでは、15時から2時間に渡ってオリジナル市民音楽劇、歌とダンスのファンタジー「マジカル・ミステリー・ツアー~みんなの不思議旅行~」の上演がありました。 朗読キャストが約30名、ダンスが53名、合唱が2グループ…

【再録】『モモタローの大冒険』は複数のおとぎ話を横断する母親探しの旅

「草生人メルマガVol.048(1月25日号)」に、草加市文化会館で開催された音楽イベントについてのレポートを掲載しました。このイベント「歌とダンスのファンタジーV モモタローの大冒険~おとぎの世界をめぐって鬼アイランドへ~」は、市民参加による大き…

フェードイン・カフェのフェードアウト

facebookのタイムラインに、10月16日、fade in cafeの書き込みが上がってきました。そこには、「この度fade in cafeは今年一杯をもちまして誠に遺憾ながら閉店することとなりました。」と書かれていました。 また「ランチタイムの営業は10月一杯をもちまして…

どれも強烈な個性を発揮していたアトリエひだまり作品展

10月5日(日)は台風接近が引き起こす雨天により、草加宿場まつりが中止となったが、アトリエひだまり第1回作品展は開催されていた。 アトリエひだまりは旧道沿いにある。草加小学校の正門から7軒目ぐらいのところに「ひだまり」という赤い文字が書かれた…

第4回 草加松原展。または写真の幻視効果について

第4回 草加松原展という美術展が9月18日から24日まで、草加市文化会館1階フリースペースで開催された。 2013年の3月に第1回が開催されてから順調に来場者が増え、今回は1,000人を超えたようだ。 これまでは写真がメインだったが、今回は絵画の多さ、多彩…

第3回「街の音(ね)LIVE」は日中の暑さからなんて無謀なイベントと思ったが、夕方涼しくなるととても快適な音楽空間が生まれていた

8月3日(日)、第3回「街の音(ね)LIVE」が開催された。 街の音LIVEとは、草加駅前を中心に複数の会場でライブを行う音楽フェスティバルである。 昨年の6月に第1回が開催され、10月に第2回が「街グルin草加」というグルメイベントと同時開催された。 第…

第9回草加ミュージック・フェスティバルの感想

2月9日(日)、草加市文化会館ホールで「第9回草加ミュージック・フェスティバル」が開催されました。 ◆クリスタルファイブ 14時開場、15時開演ですが、14時からロビーライブが始まりました。 ロビーに入って右側の壁際にドラムやアンプが設置されており…