草加小話

埼玉県草加市での暮らしで拾ったエピソードとそうでないエピソードを綴ります。

音楽・芸術

Sugar Hillで聴いたトリオ「free-fall」は崇高なジャズを探求しているのだと思った

※文中で『BLUE GIANT』公式サイトへのリンクを貼るつもりで、間違えて『BLUE GIANT SUPREME』(←続編)のサイトにリンクを貼っていました。すいませんでした。修正しました。 5月15日の夜、Web Hobby Shop たまらハウスの谷古宇隆一さんから草加のライブハウ…

横倒し写真展

FACEBOOKにおいて、「逆さ写真シリーズ」につづいて、昨年10月から「横倒し写真シリーズ」を始めました。 塀、フェンス、壁などが道路に沿ってゆったりと描くカーブが、頭を傾けて見ると、急激な上り坂コースに見えてきて目眩に襲われる、という法則を発見し…

逆さ写真展

川や池に映った風景の鏡像は美しい。よく写真の対象になります。だがその写真を逆さにしてみると不思議な感覚に襲われます。鏡像だったはずの景色が実像として立ち上がっているのです。しかしその実像は細かく揺らいでおり、現実感がぼやけ、幻想がまとわり…

そうかバンドフェスティバル。出演アーティスト11組、6時間におよぶコンサートが開かれた。

9月24日(土)、草加のアコスホールで「そうかバンドフェスティバルVol.1」が開催された。 出演アーティスト11組、6時間におよぶコンサートだった。 このイベントの母体は、調布(東京都)で開催されている「ちょうふバンドフェスティバル」だ。キャッチコピ…

浅草活弁祭り--「瞼の母」は撮影も編集もシャープでかっこいい

9月22日から24日までの3日間、浅草木馬亭で「浅草活弁祭り2016」が開催されていました。 草加市在住の活弁士麻生八咫(やた)さんとその娘さん麻生子八咫(こやた)さんが、次々と名作サイレント映画に活弁をつける、「映画ライブ」のイベントです。毎年や…

日本の響 草加の陣~会場中が熱いお祭りのパッションに

9月10日(土)14時~18時30分、草加市文化会館ホールで「日本の響 草加の陣 邦楽のパイオニア達の共演」が開催されました。 プログラム 一噌幸弘(いっそゆきひろ)の速流笛破(笛) AUN&HIDE(邦楽ユニット) 中村明一 FOREST(尺八) 林英哲(太鼓)meets…

草加和太鼓祭りを経て子供たちは「練習したい欲」が芽生えたか

9月4日(日)、草加市中央公民館ホールで12時から16時半ごろまで「草加和太鼓祭り」が開催され、僕も草加太鼓クラブの一員として出演しました。 すばらしいイベントでした。ぜひ毎年開催して欲しいです。あまり宣伝していなかったと思ったのに満員になってい…

よさこいサンバフェスティバル。 「違うけど同じ」と「同じだけど違う」

7月23日(土)と24日(日)は、草加駅西口で草加よさこいサンバフェスティバル2016が開催されました。 今年も平塚から来た女性だけのヨサコイチーム「疾風乱舞」に注目しました。 結成11年、コンテスト優勝しまくりの名門チームです。そんなチームが、はるば…

草加出身のミュージシャン立川俊之さんはデビュー25年の今が全盛期ではないでしょうか

6月3日(金)、草加市のアコスホールで開催された「大事MANブラザーズ 立川俊之ライブ」に行ってきました。 草加市出身の立川俊之さんが草加で開いた凱旋コンサートです。ロビーにたくさん飾られた花束の中には中学の同級生という森尾由美さんから届けられた…

日本の響。20年後に邦楽の世界が大きく発展しているとすればその原点はここだったと言われるような歴史的コンサートになる

「日本の響・・・草加の陣~邦楽のパイオニア達の共演~」が9月10日、草加市文化会館で開催される。 出演者は、林英哲(太鼓)、伊藤多喜雄(民謡)、AUN&HIDE(邦楽ユニット)、一噌幸弘(いっそゆきひろ)(笛)、木乃下真市(きのしたまいち)(津軽三味…

「“ドレミファそうか”コンサート」はプロとアマチュアの共同作業による大きな成果を得た

2月7日、草加市文化会館で「第11回“ドレミファそうか”コンサート」が開催されました。 このコンサートには、草加市演奏家協会のプロのクラッシック演奏家、市民音楽家、市内の中学校・高校の吹奏楽部員たちが出演します。そして大きな特徴は、プロとアマチュ…

草加ミュージック・フェスティバルにおける草加ラテン化計画

2016年1月30日(土)と31日(日)の2日間、草加市文化会館で第11回草加ミュージック・フェスティバルが開催されました。1日目の30日(土)は「第2回総選挙」。アマチュア・バンド5組が出演し、観客が人気投票をしました。 2日目の31日(日)がメインイ…

「ピノッキオ!!」で風の精霊の歌声に感動した

1月24日(日)、草加市文化会館ホールで、「オリジナル市民音劇 歌とダンスのファンタジーⅦ ピノッキオ!! ~??ワールドを行く~」が上演されました。 出演者は、朗読キャスト、ダンス、合唱グループ、吹奏楽団と管弦楽団、プロのソロ歌手など、総勢200名に…

4年2組。笑いあり涙ありお祭り騒ぎありのエンターテインメント・ショー。

4年2組とは2人組のボーカルユニットです。メンバーはゆうきさんとかんごさん。背の高いゆうきさんが草加市出身だそうです。 ほぼ毎日、東京、埼玉、千葉を中心に路上ライブを行っています。草加駅前でもよく見かけます。 うちの娘が以前から彼らに注目してい…

『ゆめまち観音』は汚れた部分、弱い部分を消し去ろうとするお上や世間の空気に対する違和感の表明か

9月11日(金)、浅草活弁祭りに行きました。場所は浅草木馬亭です。 ■全国10名に満たない活弁士、そのうち2人は草加市在住 主催者は草加在住の活弁士、麻生八咫(やた)さんと、その弟子(娘でもある)麻生子八咫(こやた)さん。子八咫さんは現在東京大学…

尾高忠明さんの指揮は劇的なダイナミクス

9月5日(日)、NHK交響楽団プレミアムコンサートin草加が、草加市文化会館ホールで開催されました。 管弦楽:NHK交響楽団指 揮:尾高忠明ハープ:吉野直子ヴァイオリン:伊藤亮太郎プログラム:ロドリーゴ作曲 アランフェス協奏曲(ハープ版)プロコフ…

よさこいとサンバが合体して渾然一体となった姿も見てみたい

7月25日(土)と26日(日)の2日間、東武スカイツリーライン草加駅西口は「よさこいサンバフェスティバル」で賑わいました。 「東武よみうりウェブ版」の記事「8万人でにぎわう・「よさこいサンバ」」によると、「よさこいには、地元の連や近隣市、県内外…

9月5日N響コンサート記者会見で、指揮者の尾高忠明氏は「これは天命」と言った

2015年7月6日(月)14時から、草加市文化協会レセプションルームにて、来る9月5日(土)に開催される「NHK交響楽団プレミアムコンサート」を前に、指揮者尾高忠明さん、ハープ奏者吉野直子さんの記者会見が開かれました。 記者会見は草加元気放送局が生中…

詩吟を歌う少女の高音の張りがすごくて圧倒されました

2015年6月7日、「第12回国際交流フェスティバル2015 草加国際村一番地」というイベントが獨協大学で開催されていました。 現地は大変な賑わいで、特に35周年記念館のアリーナから漏れる声援がすごいので、中を覗いたらソシアルダンスの大学対抗の大会が行わ…

草加ミュージック・フェスティバルで、つのだ☆ひろさんやそのファンたちに聞かせようと草加市歌を大きな声で歌った

2月7日(土)・8日(日)に草加市文化会館で「草加ミュージシャン・フェスティバル」が開催された。2日間の開催のうち2日目を観に行った。見ることができたミュージシャンについて感想をメモしてみた。 ◆草加松並太鼓 11時、ホールの隣のコミュニティ棟で…

ドレミファそうかコンサートに参加した吹奏楽部はきっとレベルが一段上がっただろう

2月1日(日)、13時30分から、草加市文化会館ホールにて、「みんなでつくるドレミファそうかコンサート」が開催されました。草加市演奏家協会所属のプロの演奏と、市内の子供たちや中学生、大人たちが、長い期間の練習を経て作り上げたステージ。チケット収…

歌とダンスのファンタジー「マジカル・ミステリー・ツアー」から受け取ったメッセージ

1月25日(日)、草加市文化会館のホールでは、15時から2時間に渡ってオリジナル市民音楽劇、歌とダンスのファンタジー「マジカル・ミステリー・ツアー~みんなの不思議旅行~」の上演がありました。 朗読キャストが約30名、ダンスが53名、合唱が2グループ…

【再録】『モモタローの大冒険』は複数のおとぎ話を横断する母親探しの旅

「草生人メルマガVol.048(1月25日号)」に、草加市文化会館で開催された音楽イベントについてのレポートを掲載しました。このイベント「歌とダンスのファンタジーV モモタローの大冒険~おとぎの世界をめぐって鬼アイランドへ~」は、市民参加による大き…

フェードイン・カフェのフェードアウト

facebookのタイムラインに、10月16日、fade in cafeの書き込みが上がってきました。そこには、「この度fade in cafeは今年一杯をもちまして誠に遺憾ながら閉店することとなりました。」と書かれていました。 また「ランチタイムの営業は10月一杯をもちまして…

どれも強烈な個性を発揮していたアトリエひだまり作品展

10月5日(日)は台風接近が引き起こす雨天により、草加宿場まつりが中止となったが、アトリエひだまり第1回作品展は開催されていた。 アトリエひだまりは旧道沿いにある。草加小学校の正門から7軒目ぐらいのところに「ひだまり」という赤い文字が書かれた…

第4回 草加松原展。または写真の幻視効果について

第4回 草加松原展という美術展が9月18日から24日まで、草加市文化会館1階フリースペースで開催された。 2013年の3月に第1回が開催されてから順調に来場者が増え、今回は1,000人を超えたようだ。 これまでは写真がメインだったが、今回は絵画の多さ、多彩…

第3回「街の音(ね)LIVE」は日中の暑さからなんて無謀なイベントと思ったが、夕方涼しくなるととても快適な音楽空間が生まれていた

8月3日(日)、第3回「街の音(ね)LIVE」が開催された。 街の音LIVEとは、草加駅前を中心に複数の会場でライブを行う音楽フェスティバルである。 昨年の6月に第1回が開催され、10月に第2回が「街グルin草加」というグルメイベントと同時開催された。 第…

第9回草加ミュージック・フェスティバルの感想

2月9日(日)、草加市文化会館ホールで「第9回草加ミュージック・フェスティバル」が開催されました。 ◆クリスタルファイブ 14時開場、15時開演ですが、14時からロビーライブが始まりました。 ロビーに入って右側の壁際にドラムやアンプが設置されており…